コンタクト 処方箋不要 通販比較

使い捨てコンタクト 処方箋不要のお薦め通販店を徹底比較

使い捨てコンタクトを処方箋不要で購入できるネット通販店はいろいろとあります。それぞれのショップ独自の強みがありますので、それらをよく理解したうえで賢くコンタクトレンズを購入して下さい。


必ずチェックしたい3つのポイント!

1. 通販店の所在地
    〜 所在地が日本ですと商品到着も速いですし、取扱い商品が国内正規品となります 〜

2. 各通販の送料体系の違い
    〜 送料一律価格のお店は箱数が増えるとお得になります 〜

3. 各種割引制度の有無
    〜 まとめ買い割引きやリピーター割引制度によってさらにお得度が変わります 〜


処方箋不要で購入できるコンタクト通販の比較一覧表

販売サイトへ↓ 所在地 送料
(手数料)
まとめ買い
割引
クーポン
割引
価格例1
1dayアキュビュー
モイスト
2ヶ月分(4箱)
価格例2
2Weeks
エアオプティクス
1年分(8箱)
アットスタイル 日本 一律540円
送料無料品有
なし 合計 9,860円
(2330*4+540)
処方箋不要
合計 17,680円
(2210*8+無料)
処方箋不要
レンズアップル 日本 一律540円
送料無料品有
なし 合計 10,000円
(2500*4+無料)
処方箋不要
合計 19,280円
(2410*8+無料)
処方箋不要
007速配コンタクト 日本 一律690円
1万以上無料
なし なし 取り扱いなし
処方箋要
合計 20,832円
(2604*8+無料)
処方箋不要
コンタクトさん 日本 一律500円 合計 9,820円
(2330*4+500)
処方箋不要
合計 18,260円
(2220*8+950)
処方箋不要
安いレンズ
カナダ 一律999円
4箱以上無料
(手数料4.5%)
合計 9,154円
(2190*4+無料+手数料)
処方箋不要
合計 27,922円
(3340*8+無料+手数料)
処方箋不要
レンズモード シンガポール 最低800円
1個250円〜
合計 8,680円
(1870*4+1200)
処方箋不要
合計 17,840円
(1980*8+2000)
処方箋不要
MAXLENS カナダ 一律750円
(手数料3.5%)
合計 8,740円
(1930*4+750+手数料)
処方箋不要
合計 27,163円
(3190*8+750+手数料)
処方箋不要
コースタルレンズ カナダ 最低500円
1個追加250円
(手数料4.5%)
合計 9,819円
(2050*4+1250+手数料)
処方箋不要
合計 29,336円
(3240*8+2250+手数料)
処方箋不要
ベストレンズ シンガポール 送料無料 なし なし 合計 9,120円
(2280*4+無料)
処方箋不要
取り扱いなし
処方箋不要



3つのチェックポイントをちょっと詳しく

お店(ネット通販店)の所在地は日本が良い

ショップが日本にあることの1つ目のメリットは、商品の到着が早いこと。海外からの発送だと、10日から2週間は普通に掛かります。さらに商品が到着しない際のやりとりはとても面倒です。国内店舗のアットスタイルなどは、商品到着は平均4日です。

2つ目のメリットは、日本国内店舗だと購入レンズが国内メーカー保証が有効なこと。海外からの購入は並行輸入品となりますので、国内メーカー保証の適用外となるので注意が必要です。

送料は一律がお得

送料費用の負担は軽視できません。4箱購入したら送料だけで千円を超えます。さらに、箱数毎に送料が掛かるお店は、通常最低送料も設定しています。従って、1箱や2箱でも最低送料(800円など)が掛かります。送料一律だったら6箱買っても8箱買っても送料は変わりません。アットスタイルなどは一律で525円などでかなりお得かと思います。

まとめ買いやクーポン割引

ショップによって4箱、6箱、8箱、12箱などのまとめ買い割引があります。やはり購入量が多い程安くなるほうがお得でいいですよね。

また、定期的にクーポンを発行して割引を実施しているお店もあります。期間限定・時間限定のクーポンに書かれたクーポンコードを注文時に入力すると、お会計金額から300円割引とか、500円引きとかが受けられる割引システムです。

 

日本国内&送料一律&まとめ買いありの「アットスタイル」はお薦めです


使い捨てコンタクト処方箋不要での購入

日本国の薬事法において、コンタクトレンズ購入時の処方箋の提出の必要とはされていません。 従いまして、処方箋不要のコンタクト通販店を安心してご利用下さい。

処方箋不要としているネット通販店は、違法行為をしているわけでも、違法に近い行為をしているわけでもありません。全くもって合法な購入方法ですので、利用されるあなたは心配不要です。

処方箋提出を求めているコンタクトレンズ店舗は、各店舗の自主方針、もしくはレンズメーカーからの要望により処方箋要としているのです。法律的な強制力によるものではありません。

眼科によっては、その眼科でコンタクトを購入しない場合に「処方箋(正式名称:装用指示書)」の発行を拒否するところもあります。処方箋だけ欲しくて眼科に行ったのに、そこでコンタクトを買うはめになってしまった人も少なくありません。でも、実はこれは「医販分離の理念(※)」に反する行為となります。

※「医販分離の理念」とは、医療機関は医療に専念、販売機関は販売に専念するという理念。

コンタクトを処方箋不要で購入することに何ら問題はありませんが、眼科の定期検診を受けなくてよいとい意味ではありません。あなたの大切な瞳を守るためにも定期的な検診は受けることを強く推奨いたします。

 

全品処方箋不要の「アットスタイル」はお薦めです

 


ページのトップに戻る↑


オンライン上のネット通販を利用して使い捨てコンタクトを購入する。そのメリットのひとつに処方箋なしでコンタクトが購入可能であるということがあります。全てのネット通販が処方箋不要であるというわけではないですが、店頭や眼科等の医療機関でコンタクトレンズを買おうとすると、ほぼ間違いなく処方箋の提出を要求されるでしょう。処方箋自体に問題があるわけではないですが、眼科医に処方箋を発行してもらおうとなると、その分の費用もかかりますし、手間と時間も掛かります。法律的に提出義務の無い処方箋をこのような手続きを経て提出することに抵抗を感じる人も少なくありません。また、きちんとした眼科ならまだいいですが、コンタクト専門店指定の診療所では、アルバイト程度の人間があなたの瞳のチェックをしている例もかなりあると聞きます。そして、その後、処方箋発行のために眼科検診を受けたにも関わらず眼障害を患うという事例も報告されているようです。そうなると、処方箋提出とは、いったい難なのか、ということにも繋がります。レンズ購入者・患者はきちんとした選択肢が与えられるべきかと思います。そのひとつが、処方箋不要通販店といえます。現在、ネット上には様々なコンタクト通販店が存在しています。それらのお店の違いを把握して、あなたが理想とする通販店でコンタクトを購入できるようにしておく知識が求められます。本サイトでは、そのよなコンタクトト通販店の知識を知っていただくためのお役に立てる情報を提供していと思っております。